ホテルを使いこなす

ホテルの使い方が難しいとお考えの方に
アドバイスのページです

ご質問なども受け付けています。
(返信の必要ない方は、「返信不要」とお書き添えください。)

 

インフォメーションを読んで料金、設定などを知っておこう

平日か休日かを知っておこう

平日・休日の切り替わりがいつかを知っておこう。当ホテルでは、土曜日の休憩のお客様より休日料金。(尚、平日料金は日曜日の宿泊から)

平日と休日では、休憩・宿泊の設定が違っていたりするので注意。

休日ではサービスタイムが平日より短く設定されている場合が多い。間違えると延長料金がたくさんついてしまう。何時までに出なければならないか(または何時間の滞在ができるのか)を知っておこう。

夜に休憩で利用する場合は、休憩の設定を知っておこう

何時までに出なければならないか(または何時間の滞在ができるのか)を知っておこう。

時間の制限:休憩は3時間〜4時間制の所が多い。休憩料金終了時間を知っておく。ホテルによって時間はまちまちだが、大抵夜12時前後が多い。切り替わり時間を越えて利用すると、料金が休憩料金から宿泊料金に変わるので高くなる。

朝まで利用する場合は、宿泊料金開始時間後に入店すると、宿泊料金のみでチェックアウト時間(ホテルによって時間はまちまち)まで利用できる。

宿泊料金が開始される時間を知っておく。チェックアウト時間も知っておこう。チェックアウト時間を超えると延長料金が加算される場合が多い。

 

賢いホテルの使い方

サービスタイムを利用する

大抵どこのホテルもサービスタイム(ノータイム、フリータイム)というものがあって、朝から夕方くらいまで(ホテルによって設定はまちまち)休憩料金のみ(延長料金がつきません)で利用できる。平日・休日で設定が異なる場合が多い。大抵この時間帯には、他のサービスもあり、お得です。

割引カードを利用する

割引カード、スタンプ、金券等が大抵のホテルにはあるのでそれを利用する。当ホテルでは20%OFFの割引カード(休憩は10%OFF)が利用できます。

金・土の混雑にも部屋をスマートに確保する方法

金・土曜日の夜にしっかり遊んでから宿泊したいと思っても、夜10時を過ぎるとどこのホテルも満室で、部屋を探すのに苦労する。しっかり遊んで、かつ部屋を確保するには、外出自由のホテルを利用する。(当ホテルは外出自由)宿泊開始時間30分ぐらい前にホテルに行き(部屋がその時空いていなくても、必ず休憩で帰る人がおり、絶対に部屋が確保出来る)部屋を取り、荷物を置いて、遊びに出かける。そうすれば、何時に帰ってきても部屋があり、スマートに遊べる。外出するときは、フロントへその旨を伝え、料金を前金で支払う。

金・土の深夜に部屋を確保する方法

金・土の深夜は大抵どこのホテルも満室で、深夜ともなると、部屋の確保は難しい。ホテルのフロント係に部屋が空く気配はあるかを訪ねても、大抵「さあ、ちょっとわかりかねます」と冴えない返事が多い。そんなときあっちへこっちへと、訪ねて回るのも一つの手だが、遊び疲れているときには難儀という人は、待合い室があるホテルを選び、フリードリンクを飲みながら、待つと良い。(当ホテルの待合い室では、フリードリンク、テレビを設備)空き部屋がない場合でも、フロント係に「待ちたい」と伝えれば、大抵どこのホテルでも無料で待つことが出来る。待ち時間は保証できないが、最高2時間というときもあれば、すぐお部屋が空くときもある。あっちこっちへ訪ねて行くより、2人の時間を有効に使えて良い。 


ご質問などはございませんか?

email 皆様からのご質問を受け付けています email
皆様からのご質問はこちら


...お部屋と料金...サービス...システム...予約...クーポン...ポイント...使いこなす...FAQ...お知らせ...